2011/11/28

工房Emerge+にアクリルパネルを発注してみた

Make: Tokyo Meeting 07で計器の展示を行うことになったので、部品の保護と見栄えをよくするためにアクリルパネルを工房Emerge+に発注してみました。

Illustratorで入稿するのがデータに問題が起きにくい方法だとは思いますが、使い慣れていることもあったのでInkscapeで加工データを作り、入稿してみました。

基本的にガイドラインに従ってデータを用意・入稿すればよいのですが、Inkscapeを使う場合は
  1. 配布されているpdf形式のテンプレートを読み込む
  2. 加工したいパスを入力
  3. svg形式で入稿
という手順を踏めばよいようです。
(8.ファイルフォーマットにsvgが書かれていないのでちょっと戸惑いました。)
Emerge+のブログにもInkscapeを使う場合の注意が書いてあります。

Inkscapeにはpdf/eps出力が備わっているので、はじめはそれを使ってみたのですが、細いパスが正しく出力されず、加工用の0.001mmのパスはすべて消えてしまいました。
また、プリンタドライバを使うタイプのpdf出力ソフトを使っても、カットパスが正しく出力されないようです。

完成したパネルは下の写真のようになります。


レーザー加工ははじめてでしたが、予想以上にきれいな仕上がりでした。
加工ガイドラインによればレーザーによる切り代は0.2mm程度とあったので、M3のねじを通す穴は2.8φで加工指示をしましたが、若干小さかったようです。
3.0φくらいが適当だったのだと思います。

加工代に学割が効いたこともあり、材料代その他を含めても1500円弱と格安でアクリルパネルができました。
精度が必要な加工をしたいときにはかなり便利に使えるサービスなので、何か機会があれば使っていきたいと思います。

2 件のコメント:

  1. makeから来ました。
    inkscape無料だから便利ですよね。

    本来の用途とは違うけど、
    これ持ってジェットコースターとか
    にのるとパラメータ色々変わりそうで
    面白そうですね。
    (超音波センサがどこまで対応できるかと、
    そもそも乗っている本人が見る余裕が
    あるかどうかは別としてw)

    返信削除
  2. Makeでの展示を見ていただきありがとうございます。

    ジェットコースターの他にも乗り物関係にこれを持って乗ると面白そうですね。
    この類のセンサはアイデア次第でいろんな用途に使えそうです。

    返信削除